【ジュネーブモーターショー07】スバル、ディーゼルターボエンジンを出品

自動車 ニューモデル モーターショー

【ジュネーブモーターショー07】スバル、ディーゼルターボエンジンを出品
  • 【ジュネーブモーターショー07】スバル、ディーゼルターボエンジンを出品
  • 【ジュネーブモーターショー07】スバル、ディーゼルターボエンジンを出品
  • 【ジュネーブモーターショー07】スバル、ディーゼルターボエンジンを出品
富士重工業は、スイスで3月6日から開催される第77回ジュネーブモーターショーに、欧州市場に導入予定の水平対向ディーゼルターボエンジンと電気自動車スバル『R1e』を出品すると発表した。

水平対向ディーゼルターボエンジは、水平対向レイアウトンのメリットである高剛性、低振動特性を生かし、バランサーシャフトを不要とし、同排気量の水平対向ガソリンエンジン並みのコンパクトな設計にした。

このエンジンはシステム全体で低重心特性、ディーゼルエンジンの力強い低中速トルクとシンメトリカルAWDによる高いトラクション性能をもち、車トータルでの基本性能をアピールするため、ショーではドライブトレインと一体化した状態で展示する。

このエンジンの搭載モデルは2008年秋に欧州市場で発売する予定だ。

また、R1eはスバル『R1』をベースに、近距離コミューターとして実用化を目指している電気自動車。現在10台が東京電力での業務に使用され、将来の市販化に向けて実証実験を行っている。今回のショーでは、東京電力が開発した15分で80%を急速充電できる充電器も展示する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集