住友電装、通期業績見通しを上方修正…最終利益が前回予想の倍に

自動車 ビジネス 企業動向

住友電装は、2007年3月期通期の連結決算業績見通しを上方修正した。

売上高は前回発表の4800億円から5000億円に上方修正した。自動車用ワイヤーハーネス及びハーネス用部品の売上げが予想以上に好調に推移しているため。

また、収益面でも売上げ増に加え、急騰していた銅の価格は高止まりしているものの、予想価格は下回って推移しているため、経常利益も100億円から160億円に上方修正した。当期純利益は45億円から90億円と前回予想の倍以上を確保できる見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集