道路に倒れていた男性、トラックにはねられ死亡

自動車 社会 社会

1月29日未明、神奈川県藤沢市内の県道で、道路に倒れていた男性が進行してきた普通トラックにはねられる事故が起きた。男性は頭部を強打して間もなく死亡。警察ではトラックを運転していた26歳の男を現行犯逮捕している。

神奈川県警・藤沢北署によると、事故が起きたのは1月29日の午前3時30分ごろ。藤沢市宮原付近の県道を走行していた普通トラックが、道路中央部近くで倒れていた男性をはねた。男性は頭部などを強打し、間もなく死亡した。

死亡したのは現場近くに住む39歳の男性と後に判明。警察ではトラックを運転していた26歳の男を業務上過失致死の現行犯で逮捕し、事故の状況を調べている。

男性はうつ伏せ状態で倒れており、現場近くには自転車も倒れていたが、こちらには衝突痕が無かった。男性は自転車で走行中に単独転倒。その後トラックにはねられたとみられる。トラックを運転していた男は警察の調べに対して「倒れている男性に気づいて急ブレーキを掛けたが止まることができなかった」と話しているという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集