トンネル内で多重衝突、7人が重傷

自動車 社会 社会

1月28日午後、長野県茅野市内の国道152号のトンネル内で、渋滞中の車列に後続車が衝突するなど、乗用車4台が関係する多重衝突事故が発生した。この事故で7人が打撲などの軽傷を負っている。低速での衝突だったことから車両損傷も軽微で、トンネル火災は免れた。

長野県警・茅野署によると、事故が起きたの1月28日の午後2時32分ごろ。茅野市ちの付近の国道152号・あけぼの隧道で、渋滞のために生じた車列に対し、後ろから走ってきた31歳女性運転の乗用車が追突した。

追突してきたクルマは弾みで対向車線側に逸脱し、直後に対向車線を順走してきた乗用車と正面衝突。最初に追突されたクルマも前方に押し出されたことで別のクルマと衝突。結果として乗用車ばかり4台が関係する多重衝突事故に発展した。

この事故で4台に乗っていた12人のうち、7人が頭や胸部、脚部を打撲する軽傷を負い、近くの病院に収容されている。警察では追突車両を運転していた女性から業務上過失傷害容疑で事情を聞いている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集