複数の飲食店で飲酒、発覚を恐れ逃走

自動車 社会 社会

青森県警は26日、青森県平川市内の県道で24日未明に発生した軽傷ひき逃げ事件の容疑者として25歳の男を業務上過失傷害と道路交通法違反(ひき逃げ)の容疑で逮捕した。飲酒運転の発覚を恐れて逃走したとしている。

青森県警・黒石署によると、問題の事故は24日の午前0時ごろ発生した。平川市本町平野付近の県道で、走行中の乗用車が対向車線側に逸脱。そのまま順走してきた46歳女性運転の乗用車と正面衝突した。双方のクルマは中破し、順走車を運転していた女性は胸部打撲などの軽傷を負ったが、逆走車はそのまま現場から逃走している。

警察では現場に残された破片から車種を特定し、周辺での車当たり捜査を開始。その結果、弘前市内に在住する25歳の男が所有するクルマが容疑車両と断定。この男から任意で事情を聞いていたところ、ひき逃げの事実を認めたために逮捕した。

男は23日夜から複数の飲食店で酒を飲み続け、帰宅する途中に事故を起こしていた。調べに対しても「飲酒運転の発覚を恐れた。仕事ができなくなると思い、逃げてしまった」などと話している。警察では飲酒運転についても調べを進める方針だ。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品