カーチス、親会社となったソリッドのCOOが社長に就任

自動車 ビジネス 企業動向

カーチスは、2月22日付けで井上博文社長が取締役に退き、ソリッドアコースティックスの江川賢記最高執行責任者(COO)が社長に就任する人事を発表した。井上社長は代表権も返上する。

カーチスはライブドアの子会社だったが、ライブドアが保有するカーチス株式をソリッド社へ売却した。カーチスからライブドアの役員は全員退任している。

カーチスはソリッド社の傘下となったことで、2月に開催する臨時株主総会で、ソリッド社から3人の取締役が選任される予定で、その後の取締役会で江川COOが社長に選任される予定。

新社長の江川氏は、アムズエンタテイメント代表取締役を経て、2000年からモデリスタ・ジャパン取締役に就任、その後もリンクワールド、ネクストゲートの役員を歴任してから、2005年7月からソリッドの取締役、同年11月からCOOを務める。

また、カーチスでは、2月22日付けで、大塚哲也取締役、郡司強三取締役が辞任する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集