GMの2006年世界販売、2年連続で900万台突破

自動車 ビジネス 企業動向

米GM(ゼネラルモーターズ)が18日発表した2006年の世界販売は909万台となった。前年実績を0.9%下回ったものの2年連続で900万台に乗せ、世界トップの座を維持した。

米国市場での販売は9%減の412万台と不振が続いたものの、国外での販売は7%増の497万台となり、その比率も55%に拡大した。海外ではアジア・太平洋、南米・アフリカ・中東、および欧州の3地域で過去最高を達成した。

アジア・太平洋地域は18%増の126万台と、2年連続で100万台に乗せた。とくにシェアトップとなった中国は32%増の87万7000台と大幅に伸ばした。中国でのビュイック販売は30万4000台に達し、初めて米国での販売(24万1000台)を上回った。

南米・アフリカ・中東は17%増の103万台と初の100万台乗せとなり、欧州もサーブが過去最高の販売となるなど全体では1%増で初めて200万台超となった。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集