複数回の衝突でクルマ大破、男性が即死

自動車 社会 社会

13日午後、広島県広島市安佐南区内の山陽自動車道下り線で、第2車線(追越車線)を走行中の乗用車が路外に逸脱。ガードレールに複数回の衝突を繰り返して大破する事故が起きた。運転していた男性は即死している。

広島県警・高速隊によると、事故が起きたのは13日の午後0時45分ごろ。広島市安佐南区沼田町伴付近の山陽自動車道下り線で、第2車線を走行中の乗用車が左側に斜行し、そのまま第1車線(走行車線)を越えて道路左側のガードレールに衝突した。

衝突速度が速かったため、クルマは弾みで右側に飛ばされて中央分離帯にも衝突。原型を留めないほどに大破し、運転していた50-60歳代とみられる男性が頭を強打して即死している。

現場は緩やかなカーブが連続する区間。警察では速度超過とハンドル操作の誤りが事故の主因と分析している。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集