飲酒運転のクルマ、パトカーと正面衝突

自動車 社会 社会

5日深夜、新潟県新潟市内の市道で、対向車線側に逸脱した乗用車と、パトロールを行っていた新潟県警・新潟東署のミニパトカーが正面衝突する事故が起きた。パトカー乗務の警官2人が軽傷を負っており、警察では運転していた男を飲酒運転で現行犯逮捕した。

同署によると、事故が起きたのは5日の午後10時15分ごろ。新潟市船江町付近の市道をパトロールしていたミニパトカーに対し、対向車線側から逸脱してきた乗用車が正面衝突した。双方のクルマは大破。パトカーに乗っていた58歳の巡査部長と、25歳の巡査が胸部などを打撲する軽傷を負っている。

逸脱してきた乗用車を運転していた33歳の男は酒に酔った状態。アルコール検知の結果、呼気1リットルあたり0.25ミリグラムのアルコール分を検出したこともあり、道路交通法違反(酒気帯び運転)の現行犯で逮捕。業務上過失傷害容疑でも調べを進めている。

男は新潟地方法務局の職員。同日の夕方から酒を飲んだ後、約3km歩いて職場まで戻り、駐車していたクルマを持ち出したという。事故当時の記憶はなく、警察では居眠り運転をしていた可能性が高いとして、さらに調べを続けている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集