パトカーが追跡のバイク、タクシーと衝突して2人死亡

自動車 社会 社会

25日未明、徳島県阿南市内の県道で、パトカーの追跡を受けていた2人乗りの原付バイクがタクシーと衝突する事故が起きた。乗っていた少年2人は路上に投げ出され、対向車にはねられるなどして死亡している。

徳島県警・阿南署によると、事故が起きたのは25日の午前0時35分ごろ。阿南市領家町付近の市道をパトロールしていたパトカーが2人乗りの原付バイクを発見。バイクにナンバープレートが装着されておらず、乗っていた2少年はヘルメット未着用だったことから、ただちに停止するように求めた。

ところがバイクはこれを無視して逃走を開始。市道から県道に進出した直後にタクシーと出会い頭に衝突した。バイクは転倒し、乗っていた2人は対向車線側の路上に投げ出されたが、直後に対向車にはねられた。2人は近くの病院に収容されたが、頭部強打などが原因で死亡している。

警察ではバイク側の安全確認の怠りが事故の原因とみており、タクシーや対向車線を走行していた乗用車の運転者から業務上過失致死容疑で事情を聞いている。バイクは路地への移動を繰り返し、パトカーは事故直前にバイクを見失っていたという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集