パナソニック、タイにカーエレクトロニクスのアジア統括会社を設立

自動車 ビジネス 企業動向

松下電器産業のパナソニック・オートモーティブシステムズ社は、アジアでのカーエレクトロニクス事業を統括する新会社パナソニックASアジアパシフィックを12月1日にタイに設立すると発表した。

新会社はASEAN、インドを中心に成長が加速するアジア地域のカーエレクトロニクスの販売を担うとともに、新たに技術開発部門を設置し、現地顧客戦略に密着した商品開発体制を構築する。 これにより開発・製造・販売を一元化したアジア拠点としてパナソニックのグローバル事業連携の強化と、商品開発・生産体制の最適地化を推進する。

タイの自動車関連輸出額は2006年上半期で5000億円に達し、2006年通年では1兆円を越える見通し。

アジア地域では日本、韓国、中国に次ぐ第4の完成車・部品輸出国に成長しており、新会社がカバーする地域では各自動車メーカーが積極的に生産・輸出規模を拡大させている。2005年度には350万台であった車両生産台数も、2010年度には600万台を上回る勢いで平均成長率110%以上が見込まれている。

2003年1月の発足以来、同社はグローバルに開発・製造・販売を一元化した新会社として、2003年4月にパナソニックASアメリカ社、2004年4月にパナソニックASヨーロッパ、2005年4月にパナソニックAS中国社を設立、今回新たにアジア地域を統括する新会社を設立することにより、『グローバル5極(日本、米州、欧州、中国、アジア)補完体制』を構築し、カーエレクトロニクス事業のグローバル対応力強化による成長戦略の加速を図る。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集