濡れた路面でスリップ、路外逸脱で1人死亡

自動車 社会 社会

17日夕方、山形県山形市内の市道を走行中の乗用車が対向車線側に逸脱し、道路右側ののコンクリートブロック塀に激突する事故が起きた。この事故でクルマが大破。運転していた男性が死亡している。

山形県警・山形署によると、事故が起きたのは17日の午後6時55分ごろ。山形市門伝付近の市道を走行していた乗用車が緩やかな左カーブを曲がりきれずに対向車線側に逸脱。そのまま道路右側のコンクリートブロック塀に激突した。

クルマは原型を留めないほどに大破。運転していた56歳の男性は救出されて近くの病院に収容されたが、胸部を強打しており間もなく死亡が確認された。

当時は雨が降っており、路面は滑りやすい状態だった。クルマは対向車線側へ一直線に逸脱したとみられるが、現場にブレーキ痕が残されていないこと、破損の度合いが著しいことなどから、警察では速度超過の可能性を含めて捜査を続けている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集