日本板硝子、特別利益と特別損失を計上

自動車 ビジネス 企業動向

日本板硝子は、2006年9月中間決算で、特別利益と特別損失を計上すると発表した。

特別利益は、千葉事業所の型板ガラス製造設備の次回定期修繕計画の見直しで、修繕引当金を取り崩し、中間期に10億円の特別利益を計上した。

特別損失は、舞鶴事業所の自動車用硝子加工設備の一部について、将来的に利用する見込みが無くなったものについて減損処理を行い、約7億円を特別損失として計上したほか、英国ピルキントン社買収に伴う関連費用について約117億円を特別損失に計上した。

ただ、連結子会社したピルキントンの業績が好調なほか、ポンド高円安が進んだため、業績見通しは据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集