飲酒運転でホームセンターを直撃、7人をはねる

自動車 社会 社会

12日午後、千葉県千葉市若葉区内の市道で乗用車同士が衝突し、このうち1台が道路に隣接するホームセンターの屋外売り場に突っ込み、女性7人を次々にはねる事故が起きた。警察では55歳の男を飲酒運転の現行犯で逮捕している。

千葉県警・千葉東署によると、事故が起きたのは12日の午後3時50分ごろ。千葉市若葉区若松町付近の市道で、対向車線側にあるホームセンターの駐車場に右折進入しようとしていた乗用車と、対向車線を走行していた別の乗用車が衝突した。

右折しようしていた乗用車は暴走。そのまま駐車場の一角にある屋外売り場に突っ込み、レジ前に並んでいた女性客7人を次々にはねた。このうち3人は頭を強打して、足の骨を折る重傷。残る4人も打撲などの軽傷を負い、全員が近くの病院に収容されて手当てを受けている。衝突した乗用車の運転者や同乗者にケガは無かった。

暴走した乗用車を運転していた55歳の男からは酒気帯び相当量のアルコール分を検出したため、警察では業務上過失傷害と道路交通法違反(酒気帯び運転)の現行犯で逮捕している。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集