高速度で衝突か、ランボルギーニが大破

自動車 社会 社会

11日未明、千葉県佐倉市内の東関東自動車道下り線で、乗用車が路外に逸脱し、道路左側のガードレールに激突する事故が起きた。クルマは大破し、乗っていた2人が死傷している。

千葉県警・高速隊によると、事故が起きたのは11日の午前1時35分ごろ。佐倉市高崎付近の東関東自動車道下り線で、走行中の乗用車が路外にスピンしながら逸脱。コントロールを失ったまま道路左側のガードレールに激突した。

事故によってクルマは原型を留めないほどに大破し、助手席に同乗していた27歳の男性が全身を強打して間もなく死亡。運転していた27歳の男性も胸部を打撲する軽傷を負った。

事故を起こしたクルマはランボルギーニ製のスポーツカー。現場は見通しが良い直線区間。当時は交通量が少ない時間帯であり、事故の状況から警察ではかなりの速度を出していたものとみて、運転者の回復を待って業務上過失致死容疑で事情を聞く方針だ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集