泥酔運転が原因で多重衝突

自動車 社会 社会

11日未明、静岡県静岡市駿河区内の県道で、信号待ちの車列に対し、後方から減速しないまま進行してきた乗用車が追突。車両4台が関係する多重衝突事故となった。この事故で8人が軽傷を負っている。

静岡県警・静岡南署によると、事故が起きたのは11日の午前1時10分ごろ。静岡市駿河区小鹿3丁目付近の県道交差点で信号待ちをしていた車列に対し、後ろから速度を落とさないまま進行してきた乗用車が衝突。最後部に位置していた軽乗用車が前に押し出され、結果として車両4台が関係する多重衝突事故に発展した。

この事故によって3台は小破。乗っていた8人が打撲などの軽傷を負い、近くの病院に収容されて手当てを受けている。

追突してきた乗用車を運転していた31歳の男は会話や直立が困難なほどの泥酔状態だったことから、警察では道路交通法違反(酒酔い運転)の現行犯で逮捕。業務上過失傷害容疑でも調べを進めている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集