旭テック、トラック生産好調で上方修正

自動車 ビジネス 企業動向

旭テックは、2006年9月中間期の連結決算業績見通しを上方修正した。

売上高は、トラック用部品が予想以上に増えたことや、二輪車新規部品の需要が増加し、売上高は前回予想の430億円から440億4200万円になる見通し。

経常利益は、売上高の増加、コスト低減に加えて、受注環境の変化や採算性の向上に加えて、売上損失引当金を取り崩したこともあって、予想の6億円から9億9700万円に上方修正した。当期純利益は7000万円から2億8300万円に上方修正した。

通期業績見通しは据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集