シンナー吸引と信号無視で3人死傷させた男に実刑判決

シンナーを吸引した状態でクルマを運転し、さらには赤信号を無視して交差点に進入したことで3人を死傷させたとして、危険運転致死傷などの罪に問われた31歳の男に対する判決公判が10日、大津地裁で開かれた。裁判所は懲役7年の実刑を命じている。

自動車 社会 社会
シンナーを吸引した状態でクルマを運転し、さらには赤信号を無視して交差点に進入したことで3人を死傷させたとして、危険運転致死傷などの罪に問われた31歳の男に対する判決公判が10日、大津地裁で開かれた。裁判所は懲役7年の実刑を命じている。

問題の事故は6月18日朝に発生した。長浜市加田町付近の国道8号で、赤信号を無視して交差点に進入してきた乗用車が交差道路を進行していた乗用車と出会い頭に衝突。このクルマが弾き飛ばされて自転車で道路を横断していた女性と、信号待ちをしていた軽乗用車にも衝突した、この事故で最初に衝突した乗用車を運転していた男性が死亡。2人が軽傷を負った。

クルマを運転していた31歳の男は事故前にシンナーを吸引、さらには80km/h以上の高速度で交差点に進入していたことが判明。警察は業務上過失致死傷で逮捕していたが、検察は罪状を危険運転致死傷に変更して起訴していた。

10日に行われた判決公判で、大津地裁の長井秀典裁判長は「被告は女性との待ち合わせに遅れるという理由で赤信号を無視し、交差点の手前で加速して進入するなどした」と指摘。その上で「危険かつ無謀な犯行ぶあり、事故を起こしたのは当然だ」として、被告に対して懲役7年の実刑を言い渡した。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集