事故を起こした腹いせ、女性警官に暴行

自動車 社会 社会

10日朝、福島県福島市内の市道で飲酒運転のクルマがガードレールに突っ込む事故が起きた。運転していた21歳の男は通報を受けて駆けつけた女性警官に暴行を加えたとして、公務執行妨害の現行犯で逮捕されている。

福島県警・福島署によると、事故が起きたのは10日の午前8時20分ごろ。福島市天神町付近の市道を走行していた乗用車が路外に逸脱。ガードレールを約10mに渡ってなぎ倒したが、そのまま逃走した。

通報を受けて駆けつけた同署の女性警官が現場検証を行っていたところ、前部を破壊したクルマが現場に戻ってきたために運転していた21歳の男に対して職務質問しようとした。ところが男は「自分のクルマを壊して何が悪いんだ」と怒鳴り、女性警官を殴りつけるなどの暴行を加えた。近くの小学校の教職員が男を取り押さえ、公務執行妨害の現行犯で逮捕された。

男は酒に酔った状態であり、警察では飲酒運転が原因で事故を起こしたものとみて、器物損壊やひき逃げ容疑でも事情を聞く方針だ。現場は小学校に隣接しており、事故発生があと10分早ければ登校中の児童が巻き込まれていた可能性もあったという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集