共和レザー、当期損益が赤字転落、通期も下方修正 トヨタ系なのに

自動車 ビジネス 企業動向

共和レザーが発表した2006年9月中間期の連結決算で、中間期純損益が8億5900万円の赤字に転落した。トヨタ自動車系の部品メーカーの当期赤字は珍しい。

共和レザーは、トヨタ系の自動車内装材メーカー。中間期の連結売上高は前年同期比0.1%増の178億7700万円とほぼ横ばいだった。車両用はリサイクル性のTPO表皮材や軽量な合成皮革「ル・カール」を中心に売上げを伸ばした。壁装用や産業資材用は、家具・履物などの需要低迷で、減収だった。

収益では、原材料価格高騰があったものの、コスト低減で、連結経常利益は前年同期横ばいの3億9600万円だった。しかし、米国子会社のキョウワレザーU.S.A.が25%出資するSandusky Athol Holdings Limitedが経営破たんし、米国連邦破産裁判所にチャプター11の適用を申請したため、出資金の減損と売掛債権の回収が不能になるおそれがあるため、特別損失を計上、中間赤字が8億5900万円になる見通し。

通期の業績見通しも下方修正し、売上高は同1.9%増の373億円、経常利益が同1.9%増の8億9000万円、当期赤字4億3000万円の赤字を見込んでいる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集