トヨタ、広州市でドライバーコミニケーションを実施へ

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ自動車は14日、広州市の旧白雲空港で、中国広州市公安局と共同で行う体験型安全運転講習会「トヨタドライバーコミュニケーション(TDC)」の開講式を行った。

中国では現在、大都市圏の交通事故防止に向け、中国政府公安部門を中心に2004年から総合対策に着手しており、特にドライバーへの安全運転指導の強化に乗り出している。

今回のTDCでは、広州市公安局交通警察支隊が協力し、11月14日から17日まで4日間にわたって、タクシー会社、自動車学校、トヨタ販売店などの安全運転管理責任者約200人を対象に、始業点検、運転姿勢、死角確認、フルブレーキ、滑りやすい路面でのフルブレーキ、危険回避などの講習を行なう。

指導は日本でTDCを担当しているインストラクターが行い、教習車両はトヨタが広州市で生産を開始したカムリ12台を使う。TDCは、公安部門が重点的に実施している、運転者への安全運転指導、啓蒙活動で有効と評価されており、昨年10月には北京でも実施している。

14日の開講式には、広州市公安局関係者、受講者、トヨタ関係者など110人が出席した。挨拶に立ったトヨタの木下光男副社長は「TDCは実際に車を運転操作して、体験するものであり、これを安全指導に活かしていただくことで、より多くのドライバーに安全運転の重要性と意識が広まることを期待する」と述べた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集