クルマに尿を浴びせかけた男を逮捕

自動車 社会 社会

静岡県警は6日、知人の所有するクルマに尿のようなものを浴びせるなどの嫌がらせをしていたとして、48歳の男を器物損壊の現行犯で逮捕した。以前にも同様の被害が確認されており、警察ではストーカー行為の可能性も視野に入れて調べを進めている。

静岡県警・三島署によると、逮捕された男は6日の午前3時40分ごろ、三島市栄町付近の駐車場に侵入。48歳の女性が所有する軽乗用車に対してペットボトルに入れた尿のようなアンモニア臭のする液体を浴びせかけた疑いがもたれている。

同様の事件は今年2月から相次いでおり、女性の被害届を受けて同署員が警戒を続けていたが、犯行の様子を現認したことから現行犯で逮捕している。

男は「自分がやった」と供述し、連続発生していた事件への関与も大筋で認めている。警察では女性に対するストーカー行為の一環だった可能性も高いとして、余罪についても厳しく追及する方針だ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集