モンテカルロ、特別損失発生と通期業績見通し修正

自動車 ビジネス 企業動向

モンテカルロは、役員退職慰労金の発生などの特別損失を計上するとともに、2007年3月期の連結決算の業績見通しを下方修正した。

特別損失は、役員退職慰労金として5755万4000円を計上したほか、退職した役員の保険を解約したため、解約損503万5000円、子会社のたな卸資産評価損として1714万2000円、既存店舗の設備老朽化で除去した資産に対する費用228万8000円を計上した。

通期の業績見通しは、売上高131億2100万円を予想していたが、カーナビなどの販売が予想を下回っているため、129億円に下方修正した。収益面では、子会社を吸収合併したことによる退職給付引当金の戻し入れもあって経常利益2億3400万円、当期純利益1億6000万円は据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集