ビール瓶を盗んで高速道路に投げ入れる? 少年2人を逮捕

自動車 社会 社会

宮城県警は3日、コンビニエンスストアの倉庫からビールの空き瓶を盗み出していたとして、18歳の少年2人を窃盗容疑で逮捕した。盗んだ瓶は東北自動車道の本線に向かって投げつけていたとみられおり、警察ではこの件についても追及している。

宮城県警・若柳署によると、逮捕された2少年は2日の午後10時50分ごろ、栗原市若柳有賀付近の東北自動車道を跨ぐ市道に軽トラックを止め、周囲を伺っているところを投げ込み事件警戒中の捜査員が発見した。

軽トラックの荷台にはビールの空き瓶などが大量に入ったケースが入っていたため、職務質問を実施したところ、2人は同市内のコンビニエンスストアから盗難したことを大筋で認めたため、窃盗容疑で緊急逮捕した。

同市内では10月中旬ごろから東北自動車道への異物投げ込み事件が相次いで発生しており、警察では周辺に捜査員を張り込ませて警戒に当たっていた。今回逮捕した2少年については、この事件に関与した疑いが濃いとして追及したところ、これについても認める供述を始めているという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集