川島織物セルコン、フィリピン工場の操業を停止

自動車 ビジネス 企業動向
川島織物セルコンは、フィリピンの生産子会社の操業を26日で停止したと発表した。

同社のフィリピンの子会社KAWASHIMA TEXTILE MFGは自動車内装用ファブリックを製造・販売していたが、ASEAN地域でのフィリピンの生産シェアが低下しており、タイなど、他のASEAN諸国と差が開いている。このため、川島織物はフィリピンでの生産を停止し、経営資源をタイとインドネシアに集中するとしている。

フィリピン子会社の従業員数は85人。2005年の売上高は2億4700万ペソ(約5億5100万円)、当期損益は1100万ペソ(2400万円)の赤字だった。

生産停止に伴う損失として4億円が発生する見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 住友ゴム、タイ新工場操業を前に販売会社を設立 画像 住友ゴム、タイ新工場操業を前に販売会社を設立
  • 誰でも空を飛べる時代…エア・アジア 画像 誰でも空を飛べる時代…エア・アジア
  • ホンダ、フィリピンの二輪車新工場が稼動 画像 ホンダ、フィリピンの二輪車新工場が稼動
  • 川島織物の通期業績見通し…震災影響で経常赤字に 画像 川島織物の通期業績見通し…震災影響で経常赤字に

特集

おすすめのニュース