ホンダ、CSRレポート2006を発行

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダは、同社のCSR(企業の社会的責任)に関する取り組みについてまとめた「CSRレポート 2006」を発行した。

同社は基本理念である「人間尊重」と「三つの喜び」のもと、事業、安全、環境、社会活動など様々な領域において、顧客と社会からの信頼と共感を得、人々の喜びの実現に向けた企業活動を進めることを掲げている。レポートは、これら企業活動の取組みについて、CSRの観点で総括的にまとめた内容としている。

同社は2006年1月に、専任部署となるCSR室を新設するとともに、CSRを「社会と喜びを共有し、社会と共に存続する企業となること」と位置づけ、今後も、CSRの考え方を社員ひとり一人が共有し、世界各地域においてその役割と責任を果たす取り組みを実践していくとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集