路外逸脱、駐車中のクルマを押し出し2人死傷

自動車 社会 社会

19日朝、群馬県東吾妻町内の町道で、路外に逸脱した軽乗用車が民家敷地内に進入し、駐車場に止まっていた乗用車を押し出す事故が起きた。この乗用車の前方で農作業していた2人が押し出されたクルマにはねられ、1人が死亡。もう1人も重傷を負った。

群馬県警・吾妻署によると、事故が起きたのは19日の午前8時55分ごろ。東吾妻町原町付近の町道で、69歳の男性が運転する乗用車が路外に逸脱。そのまま民家敷地内にある駐車場に突っ込んだ。

この駐車場には乗用車1台が駐車されていたが、逸脱したクルマがこれを押し出し、このクルマの前方で農作業をしていた77歳の男女2人を直撃した。2人はクルマの下敷きになるような状態で、このうち77歳の男性が肺挫傷で事故から約4時間後に収容先の病院で死亡。77歳の女性も重傷を負った。

警察では逸脱車両を運転していた男性から業務上過失致死傷容疑で事情を聞き、どのような経緯で逸脱に至ったのかを調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集