農業用トラクターに乗用車が追突、1人死亡

自動車 社会 社会

18日夜、秋田県潟上市内の市道で、走行中の農業用トラクターに対し、後続の乗用車が追突する事故が起きた。トラクターを運転していた男性が衝撃で路上に転落。頭を強打して収容先の病院で死亡している。

秋田県警・五城目署によると、事故が起きたのは19日の午後7時15分ごろ。潟上市天王沖田台の市道で、62歳の男性が運転する農業用トラクターに対し、後ろから走ってきた39歳女性の運転する乗用車が追突した。

男性は追突の衝撃でトラクターの運転席から投げ出されて路上に転落。近くの病院に収容されたが、頭を強打しており、事故から約2時間後に脳挫傷などが原因で死亡している。

警察では乗用車を運転していた女性から事故当時の状況について、業務上過失致死容疑で詳しい事情を聞いている。現場は片側1車線の直線区間。昼間の見通しは良好だが、当時はすでに日没後であり、かなり薄暗くなっていたという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集