マグナ、ポルシェの北米エンジニアリングサービス部門を買収

自動車 ビジネス 企業動向

カナダ、オンタリオ州に本拠を置く世界的なサプライヤー、マグナ・インターナショナルと独ポルシェはさる3日、マグナがポルシェの北米エンジニアリングサービス部門、ポルシェ・エンジニアリング・サービス社(PES)を買収することで合意、契約を締結した。

PESは米国ミシガン州トロイに本社を置き、120人の従業員が、主として北米市場のOEMプログラムに従事している。

PESは本取引完了後、デトロイトのエンジニアリングセンターおよびトレドの塗装工程を運営管理する、マグナシュタイヤ・ノースアメリカに統合される。マグナシュタイヤ・ノースアメリカは、ミシガン州ロチェスターヒルズおよびオハイオ州トレドにある3つの施設に約300人の従業員を抱える。

ポルシェは現在PESを分離する作業を進めており、外部顧客向けの全ての開発業務はドイツのバイザッハに集約される。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集