スーパーマーケット店内に飛び込む 80歳女性がペダル踏み間違い?

自動車 社会 社会

17日午前、宮城県大崎市内にあるスーパーマーケットの駐車場で軽乗用車が暴走する事故が起きた。クルマは店内にまで進入し、買い物客4人と従業員1人が転倒するなどして軽傷を負っている。運転していた80歳女性のペダル踏み間違いが事故原因とみられる。

宮城県警・古川署によると、事故が起きたのは17日の午前11時50分ごろ。大崎市古川南土地区画整理事業地付近にあるスーパーマーケットの駐車場で、発進しようとしていた軽乗用車が暴走し、生垣や歩道を乗り越え、そのまま店内に進入した。

クルマはガラス製の非常ドアを突き破り、約10mほど内部に入り、レジ近くにいた買い物客4人と従業員1人が避けようとした際に転倒。打撲などの軽傷を負い、近くの病院に収容されて手当てを受けている。

暴走したクルマを運転していたのは80歳の女性で、警察の調べに対しては「バックで発進しようと思ったが、誤って前進してしまった」、「ブレーキを踏もうとして、慌ててアクセルを踏んでしまった」などと話している。警察では引き続き、業務上過失傷害容疑で事情を聞く方針だ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集