西新宿でトラック、歩道に突っ込む

自動車 社会 社会

18日午前10時5分頃、東京都新宿区西新宿8の青梅街道沿いの立体駐車場ビルに、2トントラックが歩道を越えて突っ込んだ。幅9.5メートルの歩道には、通常であれば歩行者がたくさん通行しているが、幸いなことに巻き添えになったけが人はいなかった。2トントラックを運転する都内在住の男性運転手(46)はけがを負って病院に運ばれた。

現場の東京医大病院前交差点は、片側2車線のT字路交差点だが、トラックが直進する新宿歌舞伎町方向には左折する道はない。直進するまっすぐの道路だった。

トラックは、走行中に何らかの原因で左にそれ、横断歩道の切れ間から歩道に乗り上げていった。その途中で駐車していたスクーターや自転車、10台あまりをなぎ倒し、立体駐車場ビル「トラストパーク西新宿2」の1階部分に衝突してとまったみられる。

「現場にはブレーキをかけた痕や接触もなく、運転中に気を失った可能性が高い」(警視庁新宿署関係者)と見ているが、同署が詳しい事故原因を調べている。
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

特集