京都の女子高校生を宮城に連れ帰る 男を再逮捕

自動車 社会 社会

宮城県警は9日、出会い系サイトで知り合った京都府内在住の女子高校生をクルマに乗せ、宮城県仙台市内に連れてきて、自宅に監禁していたとして、すでに宮城県青少年健全育成条例違反容疑で逮捕されていた29歳の男を未成年者誘拐の容疑で再逮捕した。

宮城県警・仙台東署によると、この男は7月12日、出会い系サイトで知り合った京都府舞鶴市に在住する16歳の女子高校生とドライブし、この女子高校生がクルマの中で寝込んだ隙に高速道路を北進。そのまま仙台市宮城野区内の自宅に連れ帰り、監禁した疑いがもたれている。

女子高校生は途中で目を覚ましたが、男が「まだドライブを続けよう」、「何でも買ってあげる」などと説得したことや、逃げ出すことが事実上困難だったことから、これに従わざるをえなかったという。女子高校生は7月19日、男が外出した際に地元の友人へ「仙台まで連れてこられた」と連絡。これを聞いた友人が警察に通報し、男は女子高校生に性的な行為を行ったとして逮捕された。

警察では慎重に捜査を続けていたが、未成年者をクルマで連れ去り、自宅内に監禁した行為を「誘拐」と判断。未成年者誘拐の容疑でも再逮捕することになった。男は「同意があった」として、誘拐の容疑を否認している。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集