バックで進行のゴミ収集車、高齢者はねる

自動車 社会 社会

7日夕方、福島県会津若松市内にあるスーパーマーケットの駐車場で、バックで進行してきたゴミ収集車に高齢者の女性がはねられて死亡する事故が起きた。警察では運転していた男性から業務上過失致死容疑で事情を聞いている。

福島県警・会津若松署によると、事故が起きたのは7日の午後4時5分ごろ。会津若松市一箕町八幡付近にあるスーパーマーケット駐車場で、場内を歩いていた75歳の女性に対し、バックで進行してきたゴミ収集車が衝突した。

女性は収集車に押し出されたことで激しく転倒。すぐに近くの病院に収容されたが、頭を強打して間もなく死亡している。

現場は店の敷地内で、収集車はダンボール箱などの回収を行っていた。30歳の男性がクルマを運転。助手が近くで作業をしていたという。警察では業務上過失致死容疑でこの2人から事故当時の状況を聞いている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集