追突によって押し出され、対向車と正面衝突

自動車 社会 社会

4日朝、新潟県上越市内の上信越自動車道の対面通行区間で、後続の普通トラックに追突された乗用車が対向車線側に押し出され、対向車と正面衝突する事故が起きた。この事故で6人が死傷している。

新潟県警・高速隊によると、事故が起きたのは4日の午前8時45分ごろ。上越市中郷区岡沢付近の上信越自動車道上り線(対面通行区間)で、普通トラックが前を走る60歳男性の運転する乗用車に追突した。乗用車は弾みで対向車線側に押し出され、42歳の男性が運転する乗用車と正面衝突した。

衝突によって双方のクルマは大破。逸脱側のクルマを運転していた男性が全身強打で間もなく死亡。順走側の乗用車を運転していた男性が鎖骨を折る重傷。同乗していた4人が打撲などの軽傷を負い、近くの病院に収容されて手当てを受けている。

現場は見通しの良い直線区間。警察では普通トラックを運転していた24歳の男性から業務上過失致死傷容疑で事情を聞いている。現状では脇見か居眠りの可能性が高いという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集