信号待ちのパトカーに当て逃げした男を逮捕

自動車 社会 社会

7月31日未明、福岡県北九州市小倉北区内の県道で、信号待ちをしていたパトカーに対して後続のクルマが追突する事故が起きた。クルマは現場から逃走したが、後に30歳の男が飲酒運転やひき逃げの容疑で逮捕されている。

福岡県警・小倉北署によると、事故が起きたのは7月31日の午前1時40分ごろ。北九州市小倉北区竪町1丁目付近の県道でパトロール中の同署のパトカーが信号待ちをしていたところ、後方から走ってきた乗用車が追突した。

パトカーは追突によって小破。乗っていた2人の警官も打撲などの軽傷を負ったが、クルマはそのままパトカーの横をすり抜けるようにして逃走した。パトカーも追走しようとしたが、後部のパンパーが脱落しかかっていたため、これを断念したという。

警察では軽傷ひき逃げ事件として捜査を開始。警官が目撃していたナンバーから所有する会社を割り出し、当時これを運転していた30歳の男から任意で事情を聞いたところ、飲酒運転の発覚を恐れて逃走したことを認めたため、業務上過失傷害と道路交通法違反(酒気帯び運転、ひき逃げ)容疑で逮捕した。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集