パトカーのドアにバイク衝突

自動車 社会 社会

7月30日夜、神奈川県横浜市旭区内の市道で、交通違反の取り締まりを行っていたパトカーにバイクが衝突し、バイクを運転していた男性が骨折などの重傷を負う事故が起きた。警官が後方確認をせず、漫然とドアを開いたところにバイクが突っ込んだという。

神奈川県警・旭署によると、事故が起きたのは7月30日の午後9時20分ごろ。横浜市旭区万騎が原付近の市道をパトロールしていた同署・地域課のパトカーが、信号無視を行ったクルマを発見。ただちに停止するように命じた。

クルマはこれに従って停止。パトカーはこのクルマの後方に停止し、助手席に同乗していた57歳の巡査部長が降車するためにドアを開けたところ、後ろから走ってきた39歳男性の運転するバイクが衝突した。バイクはドアに行く手を遮られて転倒。男性は足の骨を折る重傷を負った。巡査部長と、パトカーを運転していた25歳の巡査長にケガは無かった。

巡査部長は「後方を確認せず、漫然とドアを開けてしまった」と話しているという。停車した2台のクルマの左側には余地があり、バイクはここをすり抜けるように進行しようとしていたともみられており、ウインカーやハザードランプ使用の有無を含め、事故原因を調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集