【マツダ アクセラ 改良新型】マツダスピード…ロール剛性60%アップ

自動車 ニューモデル 新型車
【マツダ アクセラ 改良新型】マツダスピード…ロール剛性60%アップ
  • 【マツダ アクセラ 改良新型】マツダスピード…ロール剛性60%アップ
  • 【マツダ アクセラ 改良新型】マツダスピード…ロール剛性60%アップ
  • 【マツダ アクセラ 改良新型】マツダスピード…ロール剛性60%アップ
  • 【マツダ アクセラ 改良新型】マツダスピード…ロール剛性60%アップ
6日に発表された『マツダスピードアクセラ』は大パワーを受け止めるべく、シャーシやボディにも大幅に手が加えられ、各部に補強を入れるなどして、剛性アップを実現している。

サスペンションも独自のチューニングが施されているのだが、バネレートやダンパーの減衰力、スタビライザー径まで変更されているほど。その結果、ノーマルのアクセラスポーツと比べて、ロール剛性を60%もアップさせているという。

ブレーキも強化されているのはもちろんだが、単純に効きをよくするのではなく、ペダルストロークの短縮など、コントロール性についてもこだわった。
《近藤暁史》

編集部おすすめのニュース

特集