損保ジャパン、平野社長が退任

自動車 ビジネス 企業動向

損害保険ジャパンは24日、6月28日付けで平野浩志社長が退任するトップ人事を発表した。新社長には佐藤正敏取締役常務執行役員が就き、平野氏は会長に就く。相次ぐ不祥事による事実上の引責と見られる。

同社は、生命保険商品の販売をめぐり、本来、契約者が支払うべき保険料を、営業担当員が立て替え払いするなどの不祥事があり、金融庁は、管理体制に問題があるとみて業務停止命令を出す方針。社長交代にともない、3人の副社長も退任する。

佐藤氏は72年慶大卒、旧安田火災海上保険に入社し、00年取締役就任。02年から取締役常務執行役員。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集