不慣れなマニュアル車で急発進、誘導の女性はねる

自動車 社会 社会

16日早朝、石川県金沢市内の民家敷地内にある駐車場で乗用車がバックで急発進し、クルマの誘導を行っていた76歳の女性がはねられて死亡する事故が起きた。警察ではクルマを運転していた68歳の男性から業務上過失致死容疑で事情を聞いている。

石川県警・金沢東署によると、事故が起きたのは16日の午前6時5分ごろ。金沢市四坊高坂町付近にある民家の駐車場で、68歳の男性が運転する乗用車がバックのまま急発進し、車両の後方で誘導を行っていた76歳の女性をはねた。女性は近くの病院に収容されたが、外傷性ショックで間もなく死亡した。

男性は近くに山菜採りに訪れていたが、クルマがスタックしたため、死亡した女性の家で所有するクルマを借りて牽引しようとしていたという。しかし、不慣れなマニュアル車であり、ギアがバックに入っていたことに気づかずにエンジンを始動。クルマはそのまま後方に動き出したとみられている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集