ファーストフード店にクルマ突入…ペダル踏み間違えか

自動車 社会 社会

11日午後、大阪府大阪市西淀川区内のファーストフード店に乗用車が突っ込み、クルマを運転していた女性と、店内にいた男性客2人が打撲などの軽傷を負う事故が起きた。女性がアクセルとブレーキを踏み間違えたことが事故の原因ではないかとみられる。

大阪府警・西淀川署によると、事故が起きたのは11日の午後1時50分ごろ。大阪市西淀川区野里3丁目付近にあるファーストフード店で、駐車場から発進しようとしていた58歳女性が運転する乗用車が突然暴走。そのままガラス窓を突き破り、店内に進入した。

当時、クルマが進入した場所の近くには男性客2人がおり、クルマを避けようとして転倒し、打撲などの軽傷を負った。また、クルマを運転していた女性も顔面などを打撲する軽傷を負い、近くの病院に収容されている。

調べに対して女性は「クルマが急発進した」などと話しており、警察ではアクセルとブレーキの踏み間違えが事故の原因ではないかとみて、車両の検分を進めている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集