パトカーから逃れようとした男、危険運転容疑で逮捕

自動車 社会 社会

11日早朝、群馬県前橋市内の市道で、パトカーに追跡されていた乗用車が赤信号を無視して交差点に進入し、青信号に従って進行してきた普通トラックと出会い頭に衝突する事故が起きた。この事故で乗用車に同乗していた女性が軽傷を負っている。

群馬県警・前橋署によると、事故が起きたのは11日の午前5時ごろ。これより5分前の午前4時55分ごろ、前橋市天川大島町付近の県道で検問を実施していた前橋東署員が、運転席側ドアガラスに濃色スモークフィルムを貼りつけた整備不良の乗用車を発見。ただちに停止するように命じたが、クルマはこれを無視し、検問を突破して逃走を開始した。

クルマはスピードを上げ、信号無視を繰り返しながら逃走。約3km離れた前橋市南町4丁目付近の市道交差点にも赤信号を無視して進入し、左側から青信号に従って進入してきた42歳男性の運転する普通トラックと出会い頭に衝突した。クルマは助手席側が中破し、同乗していた21歳の女性が首などを打撲する軽傷を負い、近くの病院に収容されている。

警察ではこのクルマを運転していた33歳の男を危険運転致傷の容疑で逮捕。逃走の動機などを厳しく追及している。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品