パトカーに追われたクルマ、建物に突っ込む

自動車 社会 社会

8日未明、鹿児島県鹿児島市内の市道で、パトカーに追跡されていた乗用車が路外に逸脱し、道路に隣接する建物の壁面に衝突する事故が起きた。運転していた19歳の少年は酒気帯びと判明しており、ケガの回復後に検挙する方針だ。

鹿児島県警・鹿児島南署によると、事故が起きたのは8日の午前0時45分ごろ。鹿児島市鴨池2丁目付近の国道225号をパトロールしていた同署のバ゜トカーが、信号無視を行って交差点を通過する乗用車を発見。ただちに追跡を開始した。

クルマはそのままスピードを上げて逃走。パトカーは直後に危険と判断して追跡を中止したが、逃走を続けたクルマは約400m先で路外に逸脱。道路に隣接する事務所の壁面に衝突し、中破。運転していた19歳の少年が胸部強打などの重傷を負った。

後の調べで、この少年からは酒気帯び相当量のアルコール分を検出。警察では容態の回復を待って道路交通法違反容疑で検挙する方針だ。少年は交通違反の摘発から逃れるために逃走したことを大筋で認めているという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集