違反者追跡の警官バイク、右折待ちのクルマと衝突

自動車 社会 社会

6日深夜、大阪府堺市南区内の市道で、交通違反を行った原付バイクを追跡していた警察官の運転するバイクが転倒し、右折待ちをしていた軽自動車と衝突する事故が起きた。バイクを運転していた21歳の巡査が胸部打撲の軽傷を負っている。

大阪府警・泉北署によると、事故が起きたのは6日の午後10時20分ごろ。堺市南区深阪南付近の市道をバイクでパトロールしていた同署・地域課所属の21歳巡査が、信号を無視して進行する原付バイクを発見。ただちに追跡を開始した。

巡査のバイクは約200m追跡したが、前方を走行していた軽自動車が右折を開始したことから、これを回避しようと急ブレーキを掛けたところ、濡れた路面で滑って転倒。そのまま滑走して軽自動車の側面部に衝突した。軽自動車の運転者にケガは無かったが、巡査は胸部打撲などで全治2週間の軽傷を負っている。追跡されていた原付バイクはこの混乱に乗じて逃走している。

同署では巡査から事故当時の状況について事情を聞いている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集