バーベキューで泥酔、騒音注意の3人をクルマで引きずる

自動車 社会 社会

4月30日深夜、埼玉県熊谷市内の公園で、騒音を巡るトラブルから男性3人がクルマに引きずられて軽傷を負う事件が起きた。警察では泥酔状態でクルマを運転していた58歳の男を傷害容疑で逮捕している。

埼玉県警・熊谷署によると、事件が起きたのは4月30日の午後11時ごろ。熊谷市内の荒川河川敷にある公園で、バーベキューに来ていた男がカーステレオを大音量で流したり、クルマの急発進や急停車を繰り返すなどの大騒ぎを行った。

あまりの騒がしさに別の場所でバーベキューを行っていた男性3人が注意しに行ったところ、男は男性らの存在を無視するようにクルマを発進。3人はクルマに引きずられて軽傷を負った。通報を受けた同署員が男を取り押さえようとしたが、男は泥酔状態で大暴れしたため、傷害の容疑で逮捕した。

逮捕された男は大量に飲酒しており、事情も聞けない状態。現場は公道ではないために道路交通法の適用外となるが、男は何回かクルマを移動させていたとの情報もあり、警察ではその間に公道を走行していないかどうかについても調べを進める方針だ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集