救急車を乗っ取り、同僚をひき殺す

自動車 社会 社会

4月29日夕方、静岡県由比町内の建築会社駐車場で、急病人を搬送するために出動していた救急車が泥酔した男に乗っ取られ、これを制止しようとした34歳の男性をはねる事故が起きた。男性は収容先の病院で死亡しており、警察では救急車を乗っ取った28歳の男を逮捕している。

静岡県警・蒲原署によると、事故が起きたのは4月29日の午後4時15分ごろ。急病人発生の通報を受け、庵原消防署の救急隊員が現場となった由比町北田付近にある建築会社の駐車場に向かった。

3人の隊員は急性アルコール中毒を起こしたとみられる男性の搬送準備を進めていたが、この間に28歳の男が救急車の運転席に乗りこみ、これを発進させようとした。

34歳の男性は救急車の前方に立ちはだかって発進を阻止しようとしたが、男は構わずに加速。男性はそのままはねられ路上に転倒。すぐに手配された別の救急車で近くの病院に収容されたが、頭を強打したことが原因で死亡した。警察では救急車を乗っ取った男を業務上過失致死の現行犯で逮捕している。

死亡した男性、乗っ取った男、そして急病で倒れた男性ともに現場となった会社の社員。当日は駐車場でバーベキューを行っていたという。乗っ取った男は泥酔の状態で、男性をはねた後も救急車に乗り続けていた。警察では関係者からも事情を聞き、事故に至る経緯を調べる方針だ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集