ビクター、2006年モデルのカーオーディオ&ビジュアル第2弾

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
日本ビクターは、2006年度カーオーディオ&ビジュアル第2弾として、MP3/WMAの日本語表示に対応した6.5型ワイドモニター一体型のDVD/CDレシーバー『KWAVX700』など、計6機種10モデルを6月上旬から発売すると発表した。

6.5型ワイドモニター/DVD/CDレシーバーのKW-AVX700は高画質再生を実現する低反射6.5型ワイド液晶ディスプレイと12bit/108MHz映像DACを搭載した。WMA/MP3/WAVフォーマットや、高圧縮・高画質のDivXファイル再生に対応した。DVDオーディオの再生にも対応し、高音質を再現する「192kHz/24bitDAC」を採用した。音楽ファイルに付加されているアルバム名や曲名などの情報、操作設定項目を日本語で表示する。価格は9万3450円。

インダッシュ7型ワイドモニター/DVDシステムの『KV-PM752』は、7型ワイドモニター『KV-M705』と、DVD/CDレシーバー『KD-DV5200-S』を組み合わせたパッケージ商品で、スムーズでチラツキのない高画質映像を実現する、高輝度&低反射ディスプレイを採用した。価格は9万3450円。

MD/CDレシーバーの『KW-MC37-S/-B』は、微細な音のニュアンスまで忠実に再現する「24bitDAC」を搭載した。ポータブルオーディオプレーヤーなどを手軽に接続し楽しめる「フロントAUX-IN」端子を装備したほか、『iPod』接続にも対応した。価格は3万8850円。
《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース