マツダ、MINEサーキットを買収して試験場に転換

自動車 ビジネス 企業動向
マツダ、MINEサーキットを買収して試験場に転換
  • マツダ、MINEサーキットを買収して試験場に転換
マツダは、山口県のMINEサーキットを買収して「美祢自動車試験場」を3月初旬に開設すると発表した。

美祢サーキットはチョロQモーターズが所有していたが、サーキット事業からの撤退を決定、閉鎖されるため、マツダがMINEサーキットの土地・建物をチョロQモーターズから2006年2月末日に取得して、活用する。

マツダは現在、試験場として三次自動車試験場を持つ。しかし、三次試験場は大型旋回場などが無い。このため、MINEサーキットの用地及び施設を買収して第2試験場として活用する計画で、既存のコースの活用に加えて、高速での進入が可能な大型の旋回場や高速平坦路・登坂路を段階的に設置していく。

今後、三次自動車試験場は従来どおり新商品の基本性能開発・育成の基幹拠点として位置づけ、美祢自動車試験場は、車両挙動の限界性能評価や実用走行性の定量的なデータ取得を行うなど、三次での車両育成を補完する開発拠点として活用する。

また、地域とのコミュニケーションを図るため、休日に施設の見学をはじめ、安全運転教室などにも活用していく予定だ。マツダの金井誠太常務執行役員は「三次自動車試験場に加え、新たに美祢自動車試験場を開設することで、これまで以上に品質の高い商品を効率的に開発できる基盤が整うこととなる」としている。

マツダは寒冷地専用の試験場として、1990年1月に北海道の剣淵試験場と2002年1月には中札内試験場を開設し、寒冷時の商品性能や技術開発のテストを冬季に行っている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 【ASV-3】“ぶつからないクルマ”試乗レポート…後編 画像 【ASV-3】“ぶつからないクルマ”試乗レポート…後編
  • 【ASV-3】“ぶつからないクルマ”試乗レポート…前編 画像 【ASV-3】“ぶつからないクルマ”試乗レポート…前編
  • アイシン精機、米に日系サプライヤー初の試験場 画像 アイシン精機、米に日系サプライヤー初の試験場
  • 日産が衝突試験場を公開…角度を5度刻み 画像 日産が衝突試験場を公開…角度を5度刻み

特集