マツダ第1四半期連結決算…増収増益だが

自動車 ニューモデル 新型車
マツダ第1四半期連結決算…増収増益だが
  • マツダ第1四半期連結決算…増収増益だが
マツダが発表した2005年度第1四半期(4-6月期)の連結決算は売上高が前年同期比4.4%増の6708億円、営業利益が同14.2%増の228億円と増収増益だった。『マツダ3』/『アクセラ』などの販売が順調だった。

期中の新車販売台数は、同8%増の27万8000台だった。国内は新型『プレマシー』が順調で同8%増の6万5000台となった。中国は同81%増の3万8000台、オーストラリアでも同9%増だった。しかし、欧州はマツダ3が好調だったものの、『マツダ5』(プレマシー)や『ロードスター』のニューモデル投入を前にした買い控えで、同7%減だった。米国もフリート販売比率を削減した影響で同7%減だった。

経常利益は同33.1%増の214億円で、当期純利益は、減損会計を導入したため、同96.4%減の4億円にとどまった。

2006年3月期の見通しでは、販売台数117万8000台や売上高2兆8400億円、営業利益900億円は変更しないが、当期純利益は減損会計の導入による特別損失と厚生年金基金の代行部分の返上で特別利益を計上する見込みから、550億円となる見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ポルシェの4ドア、パナメーラ の自動車保険料はいくらか? 画像 ポルシェの4ドア、パナメーラ の自動車保険料はいくらか?
  • トヨタの北米販売「値上げでも伸びる」…鈴木専務 画像 トヨタの北米販売「値上げでも伸びる」…鈴木専務
  • マツダ CX-7 誕生へ---MXクロスポルトを量産化 画像 マツダ CX-7 誕生へ---MXクロスポルトを量産化
  • マツダ、新型 ロードスター の生産を開始 画像 マツダ、新型 ロードスター の生産を開始

特集