ダイムラークライスラー、シュレンプ会長が退任

自動車 ビジネス 企業動向

ダイムラークライスラー、シュレンプ会長が退任
  • ダイムラークライスラー、シュレンプ会長が退任
  • ダイムラークライスラー、シュレンプ会長が退任
ダイムラークライスラーの諮問委員会は28日、現会長のユアゲン・シュレンプの、2005年末での退任を発表した。後任は、現クライスラーグループ統括のディーター・ツェッチェ。

シュレンプは60歳。ダイムラークライスラーには前身を含めて44年間在籍、過去17年間会長を務め、95年にはクライスラーとの合併を果たした。

06年1月1日からはディーター・ツェッチェ(52歳)が会長になる。任期は5年を予定。ツェッチェの後任には、現クライスラーグループのCOO(チーフオペレーティングオフィサー)、トム・ラソーダ(51歳)が就任する。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集