日産ディーゼル、中国合弁への出資比率を50%に引き上げ

自動車 ビジネス 企業動向

日産ディーゼル工業は、中国事業の基盤を拡充するため、合弁会社の東風日産ディーゼル有限公司への出資比率を50%に引き上げると発表した。

引き上げに必要な株式は、シンガポールのタンチョン&サンズ・モーターと住友商事が現在保有している全株式を買収する。

日産ディーゼルの出資比率の引き上げは、すでに中国政府の認可を受けており、8月上旬には手続きを完了する見通し。手続き完了後は、同社と東風汽車集団が50%づつ折半出資する合弁工場となる。 

東風日産ディーゼルは、東風汽車集団などとの合弁企業で、日産ディーゼルの大型トラック・バスを中国市場に供給するために1996年5月に設立した。今後、積極的に商品バリエーションを充実させるとともに、日本国内生産車並の品質を追求し、お買い得感のある商品を提供することで、販売台数を大幅に拡大する計画でだ。

加えて、日本への部品供給の可能性についても今後検討する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集